HIDEKIMIHO会

三味線藤本流 総師範 藤本秀君保 唄:佐藤松子流 師範:佐藤松千恵君 「藤本秀君保会」地元民謡、全国民謡、三味線、唄、指導 「ほたるいか音頭保存会」代表 滑川市の民謡「ほたるいか音頭」の伝承、継承

三越劇場

 三越劇場

 28日 端唄「根岸会」40回発表会が日本橋三越劇場で開催されました。。

 そのトリに本場八尾の「風の会」さんと共に息子が三味線を演奏しました。

 それを観るのに28日(火)富山発9:07の「かがやき506号」に乗って東京に行って来ました。

 9:07に乗車して東京着11:20.。。なんと2時間13分で東京に着きました

 昨日は隣の県、新潟県に4時間23分もかかって行ったのが『うそ』の様です。。。!!

 長女が東京在住なので東京駅まで迎えに来てくれ久し振りに娘と二人でランチしました。

 富山より東京の方が長い娘なので只後ろからついていけば目的の日本橋三越まで連れていってくれました。

     深川高校 深川高校ー2
 三越デパートの1階で深川高校書道部の生徒さんが着物と袴姿に白いたすき掛けして太い筆で字を書く実践が見られました。

   根岸会の発表会は正午開演でしたがぁ。。息子の出番は18:30頃との事だったので、たまたま前日から東京に

   来ていた孫の巴菜ちゃんと15:00に劇場で待ち合わせして、娘と孫と3人で演奏を見ました

               三越劇場ー2 三越劇場
  三越劇場は随分古い劇場で。。昔のイメージでした。。。

  1階席は満員だったので2階で見ました。演奏の写真は撮影禁止なので劇場だけ映してきました

  三味線と胡弓の音に合わせ踊る本場八尾の踊りに会場の人達はウットリしていらっしゃいました

  終演後、娘は他の用事があり帰りました。

  息子と孫と三人で浅草の民謡酒場『追分』で津軽三味線の迫力満点な演奏を聞きながらワインを飲んできました

  翌日孫の巴菜ちゃんが4月から住む武蔵野のマンションを見て三人で車で帰路につきました。

  


スポンサーサイト
  1. 2017/04/01(土) 18:54:36|
  2. 秀君保の日々
  3. | コメント:0
<<絵手紙教室 | ホーム | ローカル列車の旅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

hidekimiho会

Author:hidekimiho会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (22)
イベント (55)
ボランティア (24)
ひとりごと (435)
掲示板 (63)
お知らせ (8)
秀君保の日々 (93)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR