HIDEKIMIHO会

三味線藤本流 総師範 藤本秀君保 唄:佐藤松子流 師範:佐藤松千恵君 「藤本秀君保会」地元民謡、全国民謡、三味線、唄、指導 「ほたるいか音頭保存会」代表 滑川市の民謡「ほたるいか音頭」の伝承、継承

実姉がなくなりました

 実姉が亡くなりました。(2月21日)

 4人姉妹(若草物語)だったのに。。。!!一人欠けました。

 姉良子(86歳)でした。。。(お寺さんの都合で通夜が23日19時、葬儀24日になりました)

 昨年の3月に旦那さん(義兄)が亡くなり一年も経たない内にお父さんの傍に行ってしまいました

 とても仲良し夫婦だったので義兄が無くなったら、抜け殻の様になり、只々毎日ボーとしてソファーに座り込んで

 いました。テレビを見る事もラジオを聞く事も好きではなく、只々ボーと。。の日々「老人性無力症」

 息子夫婦と同居で出来たお嫁さんなので、日常の事は全くすることなしの毎日。。

 音を立てて身体が壊れていきました。足に力が入らなくなり(ソファーから立ち上がれなくなり)。自力ではトイレにも

 間に合わなくなり、遂には布団から出ることなし、食事も欲しがらなくなりました。もっとも20年ほど前に胃がんを患い

 胃を全摘していましたがぁ、腸が胃の代わりをしてくれるとかで。普通の人と変わらない食生活でした。

 床に入ったままで身体も動かす事がないと、腸も活動して呉れず、無理してでも口に入れると、そのまま出てしまうとの事

 頭はマダラでしたが、19日に見舞いに行ったときは、シッカリ姉妹の顔を見て名前を呼んでくれました。

 『又来るから。。元気にしてるのよ』と言ったら『はい』と子供の様に元気な声を返してくれたのにぃ。。。!!

 その2日後の21日(実父の命日)に大好きなダンナサンの元へ逝ってしまいました。

 儚いものです。。淋しくなりました。。(涙)

 残された3人の内3女はレビィ小体型認知症を患って6年、誰の顔も分かりません(涙)

 4人姉妹揃って旅行に行き、周りの人たちに羨ましく思われたことが懐かしく思い出されます

 遠い、遠い昔の事になりました。



 何時までクヨクヨしても仕方ありません。残された人生。。楽しんで過ごしましょう"(-""-)"

 

スポンサーサイト
  1. 2017/02/25(土) 22:20:01|
  2. 秀君保の日々
  3. | コメント:1
<<絵手紙教室 | ホーム | 滑川俱楽部>>

コメント

お悔やみ申し上げます

淋しいですね。どうしょうもない道ですから、いい思い出を大切に
残された姉妹でしっかり仲良くお暮らしくださいませ。
これから増えて行くことがなくまわりは段々とさみしくなるばかり
自分の晩も必ず来るんですよね。お互い今を大切にしましょう
  1. URL |
  2. 2017/02/26(日) 20:17:49 |
  3. なまぐさ尼 #794.F6Pc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

hidekimiho会

Author:hidekimiho会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
イベント (56)
ボランティア (28)
ひとりごと (435)
掲示板 (63)
お知らせ (8)
秀君保の日々 (107)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR