HIDEKIMIHO会

三味線藤本流 総師範 藤本秀君保 唄:佐藤松子流 師範:佐藤松千恵君 「藤本秀君保会」地元民謡、全国民謡、三味線、唄、指導 「ほたるいか音頭保存会」代表 滑川市の民謡「ほたるいか音頭」の伝承、継承

とっしょり(年寄り)

とっしょり(年寄り)

入院、手術をしたら暫く出歩けないかと思い、今日2姉とランチしてきました。
いつも通りお寿司を食べて、お茶してきました。

その後欲しいものがあったのでK3に行きました。姉は初めて入った様で、「広いね、何でもあるねぇ!!」と
言いながら私の後ろをチョロチョロ付いて来ます。

わたしが「チョロチョロ歩かないで背中をシャンとして、もう少し大きい歩幅で歩きなさいョ!!」
『 とっしょり見たいに!!』。。。。。と。。。。声を荒立たせていったら
『 だって。。とっしょりなんだもの!!。。。80歳なんだよ!!』と姉は言い返しました。

思わず顔を見合わせ笑っちゃいました( ^)o(^ )(^_-)-☆

私は73歳、姉は80歳。。。二人とも『とっしょり』なのに!!
二人でいる時は自分も姉も『とっしょり』だと言う意識が無い様だ。。
いつまでも昔からの若い姉妹のまんまだ。。
「昔は君ちゃんの方が私にチョロチョロ付いてまわったのに、今は反対になったねぇ」

下りのエスカレーターの前で「怖い~~」と言って暫く足を出せないでいました。

 自分も去ることながら姉の実年齢を悟らせられました。

 でも、でも、私の頭の中の姉はいつも若くて美人の自慢の姉です

『ぎん言』・・ぎんさんが娘達に遺した名言集より   『100歳からが老後だがね』

     顔のしわは増えても、心にしわを生やしちゃ、世の中が面白うなるでにゃあの
        『昔」はよかった』は感心できん。それは今が面白くないからだが!』

     悲しいことは、考えんほうがええ。楽しいことを夢見ることだよ
         自分のことはじぶんでせにゃいかん、甘えちゃいけませぇん!

    毎日「ハハハ~~」と笑うこと(^◇^)(^◇^)(^◇^)
スポンサーサイト
  1. 2014/02/27(木) 21:43:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

カウンター

プロフィール

hidekimiho会

Author:hidekimiho会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (22)
イベント (55)
ボランティア (27)
ひとりごと (435)
掲示板 (63)
お知らせ (8)
秀君保の日々 (101)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR