HIDEKIMIHO会

三味線藤本流 総師範 藤本秀君保 唄:佐藤松子流 師範:佐藤松千恵君 「藤本秀君保会」地元民謡、全国民謡、三味線、唄、指導 「ほたるいか音頭保存会」代表 滑川市の民謡「ほたるいか音頭」の伝承、継承

子離れ

子離れ

 息子が自分と同じ仕事をしています。
 私が三味線教室を初めてもう25年近くなります。
 いつも三味線の音色を耳にしていた精か優秀な大学を卒業して立派なサラリーマンになる予定
 が和楽器の音色に虜になりました。
 事もあろうか今年の4月から和楽器のお店を開店し教室も大きくしました。

 三味線のイロハを教えたのは私です。母の7光も十分利用しました。
 私自身も息子から若いエネルギーや知恵をまらいました。

 他人様からは立派な2代目が出来て羨ましいネ!!!
 息子さんといつまでも同じ時間がもてて「いいねぇ」。。。

 私も十分幸せを感じています。
 
 お店を開店した時には、上手く行けば良いが、上手くいかなかったら「どうしょう!!」
 責任をも感じました。

 お陰様で沢山の人から声を掛けてもらい、生徒さんも沢山来ていただき、どうにか先が見えてきました。
 開店イベント、あちこちからのイベントの声掛け、新しい生徒さんの入会
 息子は嬉しい悲鳴で、睡眠不足になりながらも頑張っています。

 そんな息子を見て親として何か自分にも出来る事があるはずと思い彼からの声を待っていました

 全くありません。。。

 私の生徒さんやほかの人から、先日こんなことがあった、今度はナニナニがある。。。と聞きます

 私の性格では我慢できません(^_-)-☆

 (?_?)何故私には一言もいってくれないのか、知らせてくれないのか、私では役に立たないのか??

 じ~~~~と我慢の子(親)でした。( ^)o(^ )

 プッン!!我慢の糸が切れました(。´・ω・)?(・・?・・・ 

 息子に問いただしました。

 『なんと小っちゃいことをいっているのか、そんな事を考えている時間が勿体無い』
 42歳の息子が一々親にそんな事を報告、連絡していられない!!
 『 マザコンじゃあるまいし!!』

 他から聞いたら『頑張っているのだなぁ。。。』と安心してればいいじゃないか
 『それが親じゃないか(^_-)-☆』
 
 と。。。一喝されました。。。。!!


 これって・・・・私が子離れしてないからでしょうか???

 息子の事を案じて、口を出すのって・・・「小っちゃい人間なの??」

 親は遠~~~くから、見守るだけが、親なの??

 男は42歳(初老)になると親に「ホウレンソウ」『報告、連絡、相談』しないものなの???

 『親』・・・立っている木の横から見ている・・・字の如くあるべきなのでしょうか

  私の沢山の質問にはだぁ~~~れも回答はしてくれません

 『自分で考えろって!!」と言うことですかぁ・・・

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 21:37:19|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:1
次のページ

カウンター

プロフィール

hidekimiho会

Author:hidekimiho会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (22)
イベント (55)
ボランティア (27)
ひとりごと (435)
掲示板 (63)
お知らせ (8)
秀君保の日々 (101)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR